Challenge in ASIA
ポケモンを
アジア地域のお客様に届ける

ポケモンセンターは、国内のみならず、アジア地域のお客様にも広くポケモンを届けていきたいと考えており、「Store(実店舗)」と「Online Store(Eコマース)」の、大きく2つの面からチャレンジしています。
ここでは、そんなポケモンセンターの取り組みについて、実際に活躍する社員のインタビューを通して、ご紹介します。

Store 「ポケモンセンターがあるから
シンガポールに行きたい」
そんな人を増やしたい、
そんな場所にしたい

A.M /2018 年中途入社 Pokemon Singapore Pte. Ltd. 出向

海外店舗だからこその
広い業務範囲と、やりがい

2018年6月に入社し、2年間は、横浜にあるポケモンセンターで働きました。その後、ポケモンセンター シンガポールに出向となり、現在はアシスタントマネジャーとして働いています。もともと、入社した時から海外志向が強かったので、2019年末に社内公募があったときに、「行きます!」とすぐに手を上げました。

初の海外常設店舗ということもあり、日本での店舗業務とは異なる部分が多いです。一般的な店舗運営業務だけではなく、日本から仕入れる商品の選定やタイミングの調整、シンガポール店独自のキャンペーン企画、またSNSの運用など、業務も多岐にわたります。店舗全体のマネジメントも行うことから、私の裁量に任せられる範囲も広く大変ではありますが、その分大きなやりがいを感じています。そのような忙しい日々の中でもスタッフが成長し、それがお客様の笑顔につながっている様子を見ると、非常にうれしく、大きなモチベーションになっています。

スタッフの目線に立ち、
一緒に店舗を作っていく

シンガポール店は2019年にオープンしましたが、当時は研修やマニュアルもまだまだ不十分でした。そのため、私がシンガポールに来てからは、まずそれらの整備から始め、スタッフが安心して働くことができる環境を整えました。これにより、スタッフ一人一人が自信を持って働くことができ接客レベルもさらに高まり、シンガポール店全体として、よりお客様の笑顔につながる接客ができるようになりました。

また、スタッフがいてくれてこそのポケモンセンターですので、赴任当初から一人一人と時間をかけて交流し、早期に信頼関係を築くことにも力を入れました。今では、フランクに楽しみながらコミュニケーションを取りつつも、ブランドとして守るべき部分を意識しつつ、一丸となり日々業務にあたっています。私は以前アメリカで生活をしていたこともあるため、特にこのコミュニケーションにおいては自身の強みや良さが活かされたと感じています。

ポケモンセンター シンガポールを
目的地に進化させる

シンガポールのチャンギ国際空港は、ハブ空港ということもあり、乗り換えで利用される方も多く、ポケモンセンターにもいろいろなお客様が訪れます。近隣地域の人も週末にフラッと来るような場所のため、マーライオンやマリーナ・ベイ・サンズだけではなく、ポケモンセンターを目当てに来てもらえるように、ポケモンをもっと多くの人に広めていきたいです。

ポケモンセンターの仕事は、ポケモンを広めていく、世界観を届ける仕事です。初めての取り組みも多く大変なこともありますが、日々自分自身の成長を実感できています。ぜひ、そのような、チャレンジを喜びと感じられる人と一緒に働きたいです。

DAILY SCHEDULE

  • 出社

    出社。メールやチャットをチェックし、その日のタスクを整理する

  • 店頭に立ち、お客様とコミュニケーション

  • リモートミーティング

    日本のプロモーション部門とのミーティング

  • デスクワーク

    メールの返信やスタッフのタスク管理を行う

  • 社内ミーティング

    マネジャーと、プロモーションなど、今後の計画について議論

  • 社内ミーティング

    株式会社ポケモン アジア担当部署と、コラボ企画やイベント出展について情報交換・相談

  • 昼食

  • 店頭に立ち、お客様とコミュニケーション

  • マネジャーミーティング

    副店長、EC 担当、経理担当などとミーティング、情報共有

  • 店舗スタッフとのミーティング

    新商品やキャンペーンの情報共有・確認

  • デスクワーク

    仕入れ状況から SNS の投稿まで、さまざまな確認を行う

  • 退社

※所属・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

Online Store 多様性を受け入れながら
ポケモンとその世界観を
伝える

T.K /2019 年中途入社 事業推進室 兼 経営企画室チーフ

愛着のある「ポケモン」を
みんなで同じ方向を見て広めていく

前職はクライアントの海外出店をサポートする仕事をしていましたが、今後は自分自身が愛着を持ったものを海外に広める仕事がしたいと思い、ポケモンセンターに入社しました。今は主に中国でのECサイトの企画運営を、現地のパートナー企業と連携して行っています。中国では、独自のECサイトを持つのではなく、すでにある大手ECサイトに出店して、ポケモンの商品を広めていく形態を取っています。現在、取り扱っている商品は約800種類に及びますが、商品の魅力をどのように伝えていくかなど、企画・検討し日々の業務に取り組んでいます。大きなプロモーションになると、企画や調整に半年ほど要することもあります。

同じ目的の下
チャレンジしていくカルチャー

ポケモンセンターは、チームワークを大切にしている人が多い会社という印象です。みんなが、ポケモンを広めるという目的の下、同じ方向を向いて仕事をしているからかもしれません。好奇心旺盛な人が多くて、チャレンジングという側面もあります。また、失敗しちゃいけないというよりは、仮に思ったとおりの結果にならなくても、そこから学び、次に生かそうという雰囲気があります。

現地パートナー企業と
共に考え、ヒットに導く

自社商品に愛着を持って仕事をしつつも、それだけにとどまらず、現地の流行を知り、自社に取り入れる必要もあります。例えば、中国に合わせたプロモーション施策として、ブラインドボックスを使った企画を行いました。日本で言うと福袋のようなものですが、これが中国では流行っており、当社でも取り入れようと考えました。もちろん、ただ福袋を作るだけではなくプロモーションにもこだわり、現地のインフルエンサーを活用した開封動画を制作したところ、大変多くの反響をいただき、結果購買にもつながりました。中国のパートナー企業とのやりとりでは、意思疎通の難しさを感じることもありますが、チーム一丸となり企画を考え、お客様に喜んでいただけたときには、大きなやりがいを感じます。

いろいろなアンテナを張り
視野を広く持って

企画を立案するときは、職場の近くを散歩しながら考えることもあります。ハイブランドのお店を眺めて、どんな見せかたをしているのかヒントを得たり、会社近くの公園を歩いてリラックスしたりしながら、世の中の流行をカジュアルにインプットしています。そのほかにも、中国のSNSを実際に活用してみる、海外の友人とやりとりをするなどして、何が流行っているかを探り、世界の動向を追っていたりもします。ポケモンのことだけを考えるのではなく、それ以外のことを見て「これをポケモンと組み合わせると、どうなるかな?」というような観点で、考えることが多いです。
ポケモンをアジア地域に広めていくという点でも、ひとつの考えかたや意見にとらわれるのではなくて、多方面にアンテナを張りつつ、視野を広く持てるほうがいいと思います。多様な個性や意見を収集し、それを自らで解釈したうえで受け入れるスタンスが、海外の人々とやり取りをしていくうえでも重要と考えています。日々アンテナ高くインプットをし、柔軟にコミュニケーションが取れるような人と一緒に働けたらうれしいです。

DAILY SCHEDULE

  • 出社

    出社。部内で情報共有や企画出しなどカジュアルにミーティング

  • 社内ミーティング

    他部署とのミーティング

  • 昼食

    六本木ヒルズ内でランチ

  • デスクワーク

    契約書の確認や支払い処理などを行う

  • 社外ミーティング

    日本国内や中国のパートナー企業と今後の計画について議論

  • デスクワーク

    市場調査、データ資料作成、企画書作成などを行う

  • 退社

※所属・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

経営企画室長より

私たちは、ポケモンを「届ける」ことを通じてプロデュースしている会社です。現状、まだまだ届けることができていない国や地域がたくさんありますが、そのような場所にポケモンを届けたい、そしてより多くの方にポケモンを身近な存在と感じていただけるようにしたい、そう強く思っています。

また、いつの時代にも、「リアル」だからこそ伝えることができる価値があると考えています。そのため、単に店舗や商品を提供していくだけではなく、商品や、その商品を展開する場を通じた「体験」をお届けし、お客様に商品と共に思い出も持ち帰っていただくことを目標にしています。

当社は今後、アジア地域に向けた展開を加速させ、さまざまな挑戦をしていきます。私たちの想いに共感しグローバルに活躍したいとお考えの方、ポケモンというブランドを新たなお客様に届け、そして広げたいという熱い想いをお持ちの方、そのような方とお会いできることを楽しみにしています。

scroll